20160727-04

日々のトレーニングを、 ワークアウトと言い換える。

2017/05/08

ここ最近、日々のトレーニングを見直していました。

ジムに通うことはただの日課と言えば日課ですが、行かなければ罪悪感を感じるほどの状態です。ほぼ、中毒状態。ジムに中毒性があるのか、肉体を鍛えることに中毒性があるのか不明ですがハマってます。当初は椎間板ヘルニアの改善を目的としてましたが、現在はより素晴らしい肉体を求めている状態です。

 

肉体だけの環境では意識が変わる

20160727-02
ジムには素晴らしい肉体を持った人たちやインストラクターがウヨウヨいます。大きな鏡もそこら中にあります。その状態の中で自分の肉体と他人の肉体を比較してしまうのです。根本的な身長の高さや体格差などはありますが、鍛えているか鍛えていないかは歴然です。そこには、年齢も地位も関係ない名前すら知らない筋肉のヒエラルキーが存在します。

自分が通い詰めているプールでは特に顕著です。

早く、長く、泳げる人間が明らかにレーンを独占できます。これは間違いないです、あとはゆっくりでもレーンを泳ぎ続けれるメンタルの問題かと思います。

そんな環境の中で、確実に肉体への意識が変わり始めた今日この頃です。

 

用語も見直していきたい

20160727-03
意識が変われば専門的な用語が使いたくなるものです。日本では「トレーニング」という言葉が主流ですが、正確には「ワークアウト」が正しいようです。「トレーニング」だと訓練や強制的な意味合いを持つようです。あきらかに自分の現状を見れば強制されているものではなく、自発的なものです。ということで今日からは「ワークアウト」と言い換えるようにしました。

「ワークアウト」が大きなカテゴリーとして分類し、ほぼ名詞となっている筋トレや体幹トレーニングなどは変換せずに使用していきます。

 

まとめ

出来る限り日々の「ワークアウト」をブログに記録していきます。文章が短くてもその日のワークアウトで感じたことや記録は明日につながるはず。こうやって日々のワークアウトに意味を持たせていきます。

 

-ワークアウト