20140723_01

不倫は女性の方がやっぱり向いてるなと思った第3話。【ウォーキング・デッド シーズン1】

2017/05/08

ウォーキング・デッドのシーズン1・第3話 『命を懸ける価値』をHuluで鑑賞しました。女性の方が不倫に向いてるって言いますよね、理由はまったくもって引きずらないから。引きずらないというか、割切ってるから。その事が面白いほどわかる第3話でした。

 

死んでたと思っていた旦那が生きていた。

20140723_02
ゾンビから逃れ人里離れた山の上でキャンプをはる生存者一団。その極限の中で主人公リックの嫁ローリとリックの同僚保安官でありながら友人でもあるシェーンがいつの間にやら恋仲になっていたのです。極限状態の中で精神的・肉体的支えが必要だったであろうローリの気持ちは理解できます、あれだけゾンビに追われれば必然とも思える行動でした。が、死んでいたと思っていた旦那リックが生きていたのです、突然キャンプに英雄のように現れたのです。その時の嬉しいような取り返しの付かないことをしちまった的な表情が印象的でした。

 

 手のひらを返したように突き放すローリ。

20140723_03
旦那が生きていたとわかった途端、当たり前ながら従順な妻に戻ったローリ。ついさっきまではシェーンとイチャイチャしていたのに、何も無かった状態に戻るローリ。驚くほどの気持ちの変わりようです。何も無いというよりは、扱いが悪くなっています、自分に非は無く被害者なんだと言わんばかりの気の変わりようです。

 

引きずる男シェーン。

20140723_04
やっぱり引きづるのは男の性です、当然ながら理解できる。なんとか気を引こうとリックとローリの息子と仲良くしてみたりしますが、残酷なまでにシャットダウンしているローリにあっさり突き放されます。で、ムシャクシャして別の男に八つ当たり。やっぱり男は不倫には向いていない生き物で、割り切れる女性向きなんだとわかる第3話でした。

-映画・ドラマ
-