20140605_00

巨匠ロン・ハワードが描くライバル同士のプライドと友情『RUSH/ラッシュ』:★★★★☆

2017/05/08

20140605_00

スポンサーリンク

伝説のF-1レーサーのプライドの戦いを描く。

実話を基に描かれた『RUSH/ラッシュ』。自分が生まれる前にこんなにも熱い戦いがF-1の舞台で繰り広げられてなんて知りませんでした。とにかく格闘技並のバチバチの戦いです。その、当時の雰囲気やレースの様子が実によく再現された上で、二人の英雄の葛藤が心に違和感なく突き刺さりました。ニキ・ラウダ役のダニエル・ブリュールの役作りが凄く、おそらく前歯もすこし入れた状態で実際のニキ・ラウダに近いものでした。

 

20140605_02

 

フェラーリのマシンが美しかった。

1970年代当時のフェラーリのマシンがとにかく美しく格好良かった。F-1は造形美の戦いであると聞いた事はありますが、現在F-1マシンよりカッコいいんじゃないのってぐらいの造形美でした。

20140605_03

 

バチバチのプライドの先にあった男の友情。

男同士のプライドのために繰り広げらるバチバチの意地の張り合いに、胸が熱くなります。それが実話であるから、なお心が震えます。一番良かったシーンはニキ・ラウダとジェームス・ハントが雨の日のレースのスターティング・グリッドで挨拶を交わしあうのです。ライバル関係だが、お互いがお互いを認めあっている非常に心に残る名シーンでした。

 

性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)とジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)が激しい首位争いを繰り広げていた1976年。ランキング1位だったラウダはドイツ大会で大事故に遭遇し、深いけがを負う。復活は無理だと思われたがわずか6週間でレースに復帰し、日本の富士スピードウェイでのシリーズ最後のレースに臨む。(Yahoo!映画)

 

補足。当時のクラッシュを含め、ニキ・ラウダをまとめた映像です。

 

-映画・ドラマ
-