20140624-11

映画内で肝になるLIFE誌の社訓(マニフェスト)・精神理念が心に響く、『LIFE!』を観た。

2017/05/08

観る前は予告がスゴく良い出来だったので期待していなかったんですが、観終わったころにはなんて良い作品だったのだろうと思いました。作品のストーリーや展開はどこか読めたり、やりすぎじゃないと思うところもあるんですが、心に響き記憶に残るシーンが多い作品でした。

でも、おそらく若い世代には感動が薄かったかもしれません、30を越えて仕事と生活に追われる日々を過ごしている人には実に心に響く仕上がりでした。

 

スポンサーリンク

LIFE誌の社訓(マニフェスト)・理念に感銘を受ける。

20140325_02
映画内で肝になるLIFE誌の社訓(マニフェスト)・理念があります、実際のLIFE誌の社訓なのかは不明ですが、この精神が主人公・ウォルター(ベン・スティラー)の人生を変える後押しをしてくれる言葉となっています。文章は以下の通り。

 

“To see the world, things dangerous to come to, to see behind walls, to draw closer, to find each other and to feel. That is the purpose of life.” 

 

世界を見よ。危険に立ち向かえ。壁の裏側を見よ。もっと近づいて、お互いを知れ。それが人生の目的なのだから。

 
できる会社の社是・社訓(新潮新書)

そして、ショーン・ペンのシーンが心を奪う。

20140325_03
ショーン・ペンは伝説のカメラマン役で登場してますが、そのシーンを観るだけでも『LIFE!』を観るだけの価値があるシーンでした。登場シーンが少ない中での、あのインパクトは流石です。

 

まとめ。

20140325_04
30代以上の仕事に追われる日々を送っている人には、心に響くものがある作品です。映画を観ているだけで大自然を旅行しているかのような名シーンの数々、作品途中までは何かモヤモヤした内容ですが観終わった時に、そのモヤモヤが実にクリアになり忘れていた冒険心・探究心を思い出させてくれる良い作品でした。

 

雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技は妄想することだった。ある日、「LIFE」表紙に使用する写真のネガが見当たらない気付いたウォルターはカメラマンを捜す旅へ出る。ニューヨークからグリーンランド、アイスランド、ヒマラヤへと奇想天外な旅がウォルターの人生を変えていく。(Yahoo!映画)

 

-映画・ドラマ
-