20160416_01

熊本地震、災害は無縁だと思っていた自分を恥じる。

2017/05/08

熊本地震3日目の夜、少し状況が落ち着いてきたので記録しておこうとブログを書いています。通常の生活が出来ないのでブログを書くぐらいしか変化をもたらせない状況だし、この事は記録しておく必要もあると思い書いています。以下ざっくりとした箇条書きの記録。

2016年4月14日

  • 光の森から運動公園に向けて車を運転中、橋に乗った瞬間に午後9時26分を迎える。
  • 橋に乗った瞬間に横風突風にあおられたのだと最初は思ったが異常な車の揺れに軽くパニくる。
  • 遠くに見えるパークドームの電気が消え、橋から砂煙があがったので地震だと気づく、後ろを走ってた原付が心配になる。
  • 橋が崩れるんじゃないかと思うぐらい揺れてたので、急いで駆け抜ける。今考えるとかなり無謀。
  • ジムに寄って帰るつもりだったが心配になり自宅に向けハンドルを切りなおす。
  • 異常な事態か信号が停電していたのか、かなりの渋滞になる。
  • 自宅に着くと家族が表に出ていた、無事で何より軽く安心する。
  • 余震が続く中少し落ち着いたところで、家の中に入り状況を確認。
  • 部屋の物が散乱し食器がかなり割れている。
  • 仕事の生命線・デスクとPCを確認する、倒れたりしているがなんとか無事。安心する。
  • 余震がある程度落ち着いたとこで、寝支度をする。風呂は入らず髪と歯だけ磨く。
  • とりあえず寝ようとしたぐらいから大きめの余震が増える。
  • 家の外に避難したり戻ったりを繰り返し一夜を過ごす、ほぼ寝れず。
  • 電気と水が使えたことは何よりも助かった、ありがたさを実感する。

2016年4月15日

  • 朝から部屋を片付ける、物が倒れてはいるが破損は少ない状況。
  • 震度6弱の余震が続くとTVで知る、少しひるむ。
  • 余震対策としてDIYのデスクを補強しなおす、デスクの上に取り付けていた本棚を外す。
  • PCをセットし必要最低限の仕事をこなす。
  • 昼から夕方にかけて余震が減る、今気づくとここで少し油断した。
  • 夕飯を普通に食べ、普通に風呂に入り、普通に寝れる状況ぐらいに回復する。
  • ヘルニアのことも考え腰の負担を和らげるために、早めに寝る。

2016年4月16日

  • 早く床に着いたものの眠れず、午前1時25分をむかえる。
  • 最初は少し大きめの余震が来たなと思っていた所、爆発的な揺れが襲う。
  • 倒れてきそうなタンス等を必死に押さえる、このまま死んでしまうのかなと思う。
  • なんとか揺れがおさまり脱出を図るが、前日の比にならない散乱物が行く手を阻む。
  • ガラスが割れた系の物が多く、靴で室内を移動する。靴だけは準備していた。
  • なんとか外に出るが余震がデカく、立っているのもやっとな状況が続く。
  • 少し落ち着いた状況で車を車庫から出し、目の前の広い所に移動。
  • とにかく余震がとまらない、悲鳴があがる。
  • 近所の人が集まり始める、人が集まると精神的に落ち着く。
  • 赤橋(阿蘇大橋)が崩落したと聞く、嘘だろと思う。それぐらいの象徴的な大橋。
  • 車の中で朝をむかえる、日の出と同じぐらいで家の中の状況を確認するため家に入る。
  • 前日の比にならない状況に唖然となる。
  • タンスや本棚が倒れている、壊れたものも多い。戸棚は取っ手を縛っていたので荷物が飛び出づに済む。
  • 仕事の生命線PCの確認をする、前日のDIY補強が功を奏し、モニターが倒れてぐらいで済む。
  • さすがに今日はメールチェックぐらいで仕事はしない。
  • 余震が続くなかとりあえず片付ける、断水になり水の備蓄の重要性を知る。もちろん備蓄なし。
  • 近所の店舗に水を買いに行くが長蛇の列であきらめる。
  • 備蓄してなったことを後悔する、災害は無縁だと思っていた事を恥じる。
  • 奇跡的に、いや誰かの努力のおかげで水が出る。激しく感謝する。
  • 水は茶色で飲料には適さないらしいが、気にしてられない。
  • トイレが使えることが素晴らしい、我慢していたウンコをする。
  • 日没が近くなり昨日の記憶が蘇り、軽く不安な気持ちになる。
  • 改めてことのデカさをニュースで確認しながらブログを書いている。
  • 腰(ヘルニア)の緊張度がMAXな感じ、爆発しないこと願うのみ。腰痛ストレッチはかかさない。
  • めちゃイケのリトルさんに笑いが込み上げる、久しぶりの感覚。
  • FacebookよりLINEのグループの方が励まされる感じがある。
  • AC JAPANのCMの絵本の子供の笑顔に癒される。猫レベルの癒し。
  • 相田みつを「セトモノ」が擦り込まれる。
  • 家もあるし電気も水もあるので、ひどい状況の人より良い状況になぜか泣きそうになる。
  • 二日ぐらい寝てない状況なので眠いが、寝たく無い状況。
  • 今日は最初から車で寝ることにしよう。
  • 予報通り大雨が降ってきた。

今日は寝てる時に地震が来ないように願いながら、寝ようと思う。

 

-ライフ
-