20131024-01

油断をした一回目の緩和。

2017/05/08

スポンサーリンク

牽引治療を続けて一回目の緩和

痛みに耐え、足を引きずりながらの通院・牽引治療をら1カ月くらい受けた後、ひとまず痛みが緩和していきました、もちろんまだまだ痛かったのですが、足を引きずる程でも無く、激痛と言うよりは痛いっぐらいのレベルになり始めたのです。

 

人間というのは単純なもので、痛みが和らぎ始めるともう完治に向かっているのだなと思ってしまうものです、風邪が治るように椎間板ヘルニアも治っているのだなと。。

 

そうなってくると痛くなかった頃の行動パターンに戻そうとしてしまったのです。

 

激痛がひどかった頃は、朝起きて顔を洗うのも膝をつきながら、腰を曲がらないようにしていたものを、まだ痛いながらに普通に立った状態で、顔を洗ったりしてしまったのです。自分の解釈としては治りかけてるのだから、多少の痛みを伴う行動はリハビリだといった感じでした。

 

 

二回目の再悪化は目前に迫っていた。。

おそらく治りかけてはいたんでしょうが、あくまで治りかけだったんです。この時に無理に行動せず、安静にして負担のかからない行動を心がけていれば、再悪化はしていなかったのでしょう。。。

 

そうなのです、二回目の再悪化は目の前に迫っていのです。。。

 

またあの地獄の激痛との戦いが開戦するのでした!!(TдT)

 

 

-ヘルニア・腰痛